福岡県宮若市脇田にある市内で栽培された農林畜産物、農産加工品を販売している農産物直売所です。

施設概要

ドリームホープ(宮若市産地形成促進施設)の概要

宮若市の概要

人口

28,379人余り
市総面積 13,999ha
耕作面積 約1,492ha
内 総農家戸数 974所帯 専業農家 184所帯(18%)

比較的中山間地が多く

市総面積 13,999ha
耕作面積 約1,492ha 田 1,392ha 畑 100ha

主な産物

水稲を中心にイチゴ、ブドウ、柿、イチジク、キウイフルーツ、夏秋ナス、キュウリ、花卉、たけのこ、大根、カブ、白菜 ほか

設置の目的

市内で生産された、農産物や加工品を展示即売し、農産物の販売促進や高付加価値商品開発等のために、消費者ニーズをとらえるアンテナショップ。

宮若市の特産品を展示即売し、市外の消費者に、豊かな自然と歴史の里「宮若市」をPRする。

高齢者・婦人等の労力活用による、地域農業の活性化。

営業時間

9時00分~17時00分

定休日

8月13日~15日
12月31日~1月5日

臨時休業

積雪により主要幹線道路が通行止めとなった場合。また、風水害による出荷者が出荷できない場合等。

お問い合わせ先

ドリームホープ若宮
TEL:0949-54-0141
FAX:0949-54-1620

設置から現在までの経過および経緯

昭和63年10月 第1回若宮町物産祭開催(若宮町観光物産協会が主催)
平成元年~4年 物産祭り・・・春秋年2回開催
平成3年度 物産館用地取得
平成4年度 農産物アンテナショップ ドリームホープ若宮 建設
(※)農業農村活性化農業構造改善事業
(※)産地形成促進施設 物産管理用組合の組織化
平成5年5月22日 ドリームホープ若宮 開館
(※)管理・運営をドリーホープ若宮利用組合に町が委託
平成6年4月 若宮町農産加工施設「夢工房」開設 (物産館裏)
平成11年 売り場拡張
平成13年 売り場全面改装 レジ4台体制
平成19年12月 農事組合法人ドリームホープ若宮 発足
平成20年1月 バーコードシステム(電算化)完成
平成26年6月 ドリーム農園スタート
平成29年2月 九州農政局長表彰(消費者等交流事業)
平成29年11月 米の粉製品の製造開始

施設概要

所在地 福岡県宮若市脇田224番地の1
建設構造 鉄骨造瓦葺 2階建て
面積 敷地 4,447m²
床面積 500平米(1階274m²・2階226m²)

組合組織(平成30年2月末現在)

組合員

個人会員 349名
団体・法人 21団体

役員

組合長1名
副組合長1名
理事12名
監事3名

新規就農者、ドリームホープ若宮の取り組み

①新規就農者支援

新規就農者支援事業として、野菜類・果樹等の勉強会を開催すると共に、現地にて実習を行なっています。

②組合員への支援

野菜作りの勉強会と合わせ、福岡県が推進している「福岡県農薬指導士」認定、「ふくおかエコ農産物認証」制度の取得や、加工品・乾燥野菜・果実づくり等の勉強会と合わせ経営面においては、ポップの勉強会等を開催しています。

交通アクセス

お車でお越しの方

九州自動車道「若宮インターチェンジ」より約10分です。

バスでお越しの方

「吉川校前」のバス停より徒歩1分です。
時刻表はこちらを参考にされてください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0949-54-0141 受付時間 9:00 - 17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+



  • facebook
PAGETOP
Copyright © ドリームホープ若宮 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.